LOVE LOVE MY LIFE

MENU

国によって違いがあります

日本のポルノ雑誌を見ると、陰毛のある女性が多い事が伺えます。

 

女性がポルノ雑誌をマジマジと見る機会は無いのが普通ですが、見るとお国柄が伺えます。

 

たまにハイジーナ脱毛と言って、陰毛が全てないツルツル日本人女性のヌードもありますが、どうも引いてしまう男性が多い様です。

 

完全に露出するより、チラ見せ・陰毛で少々隠れている位の方が日本人男性にはウケるのかもしれません。

 

これに対してアメリカのポルノ雑誌を見ると、多くが陰毛なしのツルツル露出です。
全部見えるから良いというよりは、もうエチケットとなっている様です。

 

 

男性の間でもハイジーナ脱毛が流行っているというから驚きです!男性の脱毛はさぞかし痛いだろうな〜なんて思ったりもしますが、これこそお国柄なのでしょう。

 

日本の男性がハイジーナ脱毛なんて聞いた事もありませんし、ちょっと怖いと思っちゃいます///

 

 

日本の脱毛はエステでの光脱毛が主流ですが、アメリカなどムダ毛の色が薄い国は、ブラジリアンワックスと言って専用ワックスを脱毛箇所に塗って一気に剥がし、除毛するというやり方が主流です。

 

 

日本でも「脱毛ワックス」として市販に出回っていますが、これって超痛い!しかも肌が赤くなったり、時には出血したりもします。肌が弱いアメリカ人はどうしているのか・・・疑問です。ワックスの成分を吟味したりエステティシャンと相談したりして、自分に合ったブラジリアンワックスをチョイスするのがアメリカ流みたい。

 

 

それにしてもハイジーナ部分をワックス脱毛って、考えただけで痛そうです。
VはともかくIやOの部分もワックスで除毛できるのか?私なら、1回除毛する度に飛び上がってしまいそうです(笑)

 

? 脱毛するなら・・人気部位は押さえましょう!!

 

よくわからない?保険の話

自動車保険は様々ありますが、保険会社に努めている友人に効いたら、保険の内容が同じであれば基本的にどこの会社も保険金に大きな差はないとのことです。

 

では、なぜ保険会社によって保険金の差があるのでしょうか?

 

安い保険と高い保険にはもちろん補償の差が大きいんです。安い保険は補償が低く、高い保険はその分補償が手厚くなるようです。

 

ですので、安かろう悪かろうではいけませんので、自分にとって一番必要な保険を選ぶことが大事だそうです。

 

同じような保険で数千から1万円以上の差が出てる場合は、「人身傷害保険」をチェックしてみるといいそうです。この保険は過失割合に関係なく、すぐに保険金が受け取れるというもので、どこの保険会社でも最初に組まれていることが多いです。

 

 

会社によっての差が大きく、ここで保険料の違いが出てくるようです。
「契約車両に搭乗中のみ」と「契約車両、他者に搭乗中、歩行中も補償」2つに分けられますが、補償される状況が全然違いますよね。

 

後者であれば、自分の車以外でも、他の車や歩行中でも保険金が支払われることになります。
つまり補償される範囲が広いので、もちろん後者の方が保険金が高くなるんです。

 

 

こんなカラクリがあるので、自分に自動車保険が会っているかどうか、一度契約内容を確認してみるといいですよ。いざって時に使う保険が使えなかったりしたら悲しすぎますからね〜ちなみに私は保険会社の友人に1から教えてもらいましたw

 

賃貸から持ち家へ引っ越す夢をみている

現在、賃貸に住んでいるのですがこのまま家賃を払い続けることがなんかばからしくなってきて、最近家を購入しようと考えています。

 

 

今の家賃が8万円なのですが、自分の給料に見合った物件を購入すれば十分家賃分の金額の支払いで住宅ローンが組めそうなので、無駄に家賃を支払うよりも家を買った方が良いのではないかと思うようになり、現在嫁さんと話し合いをしています。

 

 

今住んでいるところから職場が近いので、そこから離れるのは嫌なので、できるかぎり今の住んでいる地区で探しているのですが、マンションや一戸建てなど意外にたくさん物件がありました。

 

 

 

近くなら引っ越しが楽なのも良いですよね。就職時に引っ越しをしたときは、他県からの引っ越しだったので距離も遠く、引っ越し料金がかなり高かったのが忘れられません。

 

引っ越し料金は引っ越す距離によって料金がかなり変わってくるので、今回近い所で引っ越しをすれば、料金も安いですし、ちょこちょこと荷物を運ぶこともできますし、前の時よりは楽に行えそうです。

 

 

とはいえ、一度家を購入すれば、一生そこに住むことが確定する訳ですし、変な地区に住まない様にしっかりとリサーチしたいと思います。

 

近隣に騒音おばさんの様な厄介な人が住んでいたら最悪ですし、ちゃんと下調べをしてから物件を決めたいと思います。

更新履歴